ボストン美術館所蔵 「俺たちの国芳 わたしの国貞」展

みなさま、ごきげんよう。

本日もClassical Princess Japonのホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

 

さて、会期終了間近に行ってまいりました、「くにくに展」。

 

ボストン美術館といえば、2年前に世田谷美術館で開催された「華麗なるジャポニスム展」が

開催されたのが記憶に新しいところ。

しかしジャポニスムに関わる事業を展開しているにも関わらず、

浮世絵に関しては正直なところ知識も、というか関心がほぼほぼ無く、

「華麗なる~」の浮世絵のコーナーも軽快な早さで鑑賞した記憶が…。

 

とはいえ、明治期の錦絵は資料として実物を集めたりしているので、

単純に浮世絵に興味がないわけじゃないんだけどなぁと、

そんなアンビヴァレントな感情を抱きながら、いざ渋谷のBunkamuraへ。

 

渋谷の街の人混みに酔いながら向かうと、会場内はさらなる人口密度。

私のような「にわか」を含めて、こんなに浮世絵ファンがいるのかと驚かざるを得ません。

そして作品数の多さと保存状態の良さ!

 

今回は、今後のドレス製作に生かすため

江戸時代の着物の柄を観ておきたいな、という思いのもと足を運んだのですが、

たとえ関心の無い人間でも、嫌でも関心を持ってしまうような、

そんな浮世絵初心者にも優しい展示方法でした。

 

歌舞伎役者五人衆の絵は観た瞬間、「SMAP…?!」と思いましたし、

流行の最先端をゆく女性の魅力を表現した美人画の数々にも出会い、

「美しさ」の表現方法について考えさせられるひと時でした。

中でも特に驚いたのが、着物の「透け」を表現した技術です。

着物の生地の柔らかさや透け感を表すのは相当の技が必要とされるのではないかと思います。

 

一枚の絵の中に、遠近感や縮尺を無視(あるいはデフォルメ)した「ダイナミックさ」と、

物の質感を忠実に表した「繊細さ」が共存し、浮世絵を浮世絵たらしめてるのだということを

まざまざと見せつけられ、当時の欧米人が圧倒された気分が何となくわかったような気がします。

 

1850年代の江戸時代後期の作品も多く、

いわゆる「美しさ」の基準がその後の明治期に至るまで

どのように変化していったのか、着物バッスルドレスが生まれるための

素地となる江戸期の「美」に触れることができました。